スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016年第二回 英検一級 難易度総合分析

 

みなさん、こんばんは。

 

 

今日は英検一級の日でしたね。

 

私自身も英検が新しくなってからまだ一級を受けてなかったので

 

 

今日は再受験してきました。

 

 

今回は非常に学生の方が多かったかのように感じました。

 

毎度ながらスーパー小学生をちらちらみかけましたね

 

 

そして試験内容について。

 

 

ーーーー語彙問題ーーーーー

 

 

今回はとても簡単でしたね。英検準一級の語彙よりも少し難しい程度に感じました。

 

最後の熟語の問題も過去問で出たことがあったりしてすらすらと解けたかのようにおもいます。

 

最低でも23点ほしいかなと。

 

 

-----------Reading---------

リーデぃンぐに関してはこちらは例年通りだと思いました。

 

比較的興味の惹かれる内容であったので私自身、楽しくなりながらよめました(笑)

 

 

-----------Writing--------

 

writingはあまり過去問では見られないテーマのように思われました。

 

民主主義を非民主主義国家に広めるべきか否かについてでしたね。

 

英検があたらしくなったのでキーワードがなくなっていたのと、語数が増えたことにより

 

自分の思うように自由な発想で作文が書けるようになったのでよかったですね。

 

 

----------Listening-------

 

リスニングはやや難といったかんじでしょうか。

 

過去問の使いまわしが6問ほどあったかのように記憶しています。

 

過去問をやりこんでいる方は気づいたのではないでしょうか。

 

最後のパートの問題はなかなか聞き取りにくかったのではないかとおもいます。

 

でも実際、あのくらいの訛り、速さがふつうであるように思います。

 

 

 

----------まとめ-------

 

 

すべてのセッションを平均するとだいたい例年通りになるように思います。

 

ですが、だんだんと、英検の本質である実践的な英語に近づいて行っているように感じました。

 

非常に有意義なテストでした。

 

 

みなさんが合格できることを祈っています。

 

それでは、さようなら